上顎の骨を補う手術

上顎の骨を補う手術

インプラントをするにあたって、歯科医師が事前に確認することといえば歯槽骨の厚さです。
インプラントは歯の根元の代わりとなる人工の部品を顎の骨に埋め込み、定着させるという過程を経るのが通常なのですが、顎の骨に厚みが足りないとそれが難しくなってしまいます。

 

特に上顎には上顎洞という空洞が存在するため、奥歯にインプラントを施す際に骨の厚さが足りなくなってしまうケースもあるのです。
骨の量が足りないままに手術をしてしまうと、細菌感染症を引き起こす懸念もあります。
こういった事態を避けながら、安全なインプラント手術を実施するために行われるのが骨を造成する手術です。

 

上顎におけるこうした手術を上顎洞底拳上術と呼んでおり、大きく2つのアプローチが存在するのです。
サイナスリフトという手術は、歯茎の側面から上顎洞粘膜を持ち上げてスペースを作ります。
そこに造成するための骨を埋め込み、もとの歯槽骨と定着してからインプラントを埋めるというわけです。

 

もう1つのアプローチをソケットリフトといいます。
こちらは歯が欠損した部分の骨が比較的残されているときに利用します。
歯が抜けた箇所から歯槽骨の頂点にあたる部分にアプローチし、上顎洞粘膜を持ち上げることで、骨造成のためのスペースを作るのです。

 

後はサイナスリフトと同様に骨造成の手術を終えて、インプラント治療に移行します。
上顎の骨の厚みが足りないばっかりに、インプラント手術を断念するといったケースは、ご紹介した2つの手術によって随分少なくなりました。
インプラント手術を歯科医院で受ける際には、こうした治療が可能かどうかも歯科医院を選ぶ際のポイントといえるでしょう。

 

イースト21デンタルオフィスについて

関連ページ

歯が少ない人のためのインプラント
歯が少ない人のためのインプラント
患者の負担を少なくする工夫
患者の負担を少なくする工夫
インプラントを長持ちさせるには
インプラントを長持ちさせるには
かかりつけの歯科医とインプラント
かかりつけの歯科医とインプラント
オールオンについて
オールオンについて
インプラントを長持ちさせるケア
インプラントを長持ちさせるケア