インプラントと他の治療を比べる

インプラントと他の治療を比べる

歯科医療の発展に伴って、様々な選択肢の中から治療の方法を選ぶことが可能な時代になりました。
何らかの原因で永久歯を失ってしまったか方も、入れ歯やインプラントといった治療の中から自分にあったものを選択出来るのです。
今回は、インプラントとその他の義歯を比較していきましょう。

 

義歯といっても様々なものがありますが、多くの方が聞いたことがあるものといえばブリッジです。
ブリッジとはその名の通り、歯と歯の間に橋を架けるような形で入れ歯を挿入する方法です。

 

空白となった部分に義歯を嵌めて、その隣にある歯に器具を引っかけて固定します。
保険適用がなされることもありますから、費用はインプラントに比べて低く抑えられるでしょう。
ただし、義歯の固定のために使われる歯を削るケースも多く、周囲の歯に負担がかかってしまうことは否定出来ません。

 

一方のインプラントは、歯槽骨と呼ばれる歯茎の下にある骨に、テクスチャーという部品を埋め込みます。
その上に歯のエナメル質に当たる部品を嵌めることで、独立した形で義歯を埋め込むのです。
ブリッジのように周囲の歯に影響を与える可能性が低く、噛み心地も永久歯に近いといわれています。

 

永久歯と遜色のない白さの素材がありますから、審美歯科の観点からインプラントを選択する人もいます。
長期的な治療となるため、歯科医院に通う回数が増えることにも配慮しましょう。

 

基本的には自由診療で、数十万円かかるケースも見受けられるのが現状です。
高額で質の高いインプラントにするか、そうではない義歯治療を選択するかは皆さん次第といえます。
歯科医師と相談したうえで、自分に合った治療を受けましょう。