インプラント治療中の過ごし方

インプラント治療中の過ごし方

インプラントとその他の義歯治療の大きな違いは、手術を経て歯茎の内部に義歯を埋め込むという点です。
ブリッジなどのように歯の空白部分に嵌めるだけではないので、相応の時間と労力を要します。
今回は、そんなインプラント期間中に過ごし方で注意したいポイントを見ていきましょう。

 

インプラント手術においては、テクスチャーと呼ばれる土台部分を埋め込んでから、骨との定着を待つまでに数カ月必要となります。
この期間は仮歯を挿入して過ごすことになるのですが、あくまで仮の役割であることに注意しましょう。
最近の仮歯は一般的な義歯と遜色のない噛み心地なので、意識しないでいるとインプラントを嵌め込んでいるにも拘わらずいつも通りの食事をしてしまうことがあります。

 

切開した歯茎部分が塞がるまでは、なるべく咀嚼回数が少なくて済むような食事をしましょう。
仮歯の役割は、インプラント挿入によって噛み合わせや顎の形状に変化が起きるのを防ぐことです。
そのため、仮歯のせいでお口の中に違和感が生まれてしまったという場合は、早急に歯科医師に相談してください。
丁寧な対応で評判の池田歯科クリニックはこちら

 

これを放置していると、テクスチャーが安定したとしてもその上に嵌め込む部品が上手く嵌らず、余計な手間がかかってしまうことがあるのです。
仮歯は基本的にプラスチックを素材としているので、通常の義歯と比べると強度に劣ります。

 

何らかの事情でインプラント手術を中断せざるを得ない方は、その旨を歯科医師に伝えたうえで、仮歯をどうするべきか相談してください。
長丁場の手術を乗り切るには、歯科医師との連携が不可欠です。
トラブルが起きた際には、遠慮なく歯科医師のもとを訪れるようにしましょう。