人工歯の素材の種類

人工歯の素材の種類

インプラントのパーツを大きく3つに分類すると、
人工歯根、連結部分、人工歯に分ける事が出来ます。

 

そして人工歯根は顎の骨に埋め込むパーツですし、
連結部分は人工歯根と人工歯をつなぐパーツなので、
見た目は関係ありません。

 

ですが、人工歯の部分は、人に見られる可能性があるパーツです。
そのため、見た目も重視して、人工歯の素材を選ぶ必要があります。

 

では、人工歯の素材とその特徴について説明したいと思います。

 

「オールセラミッククラウン」は、
見た目がもっとも自分の歯に近い状態を再現する事が可能です。
色味も艶も、自分の歯と比べても遜色ない状態ですが、
セラミック素材のため、耐久性に問題があります。

 

「ジルコニアセラミッククラウン」は、
人工歯の表面にジルコニアを採用しています。
その結果、オールセラミッククラウンと比較すると、
強度が高く、割れにくい素材だと言えるでしょう。

 

また色味も、オールセラミッククラウンほど自然ではありませんが、
問題がないレベルです。
ただし、ジルコニアを使用しているため、価格が高額です。

 

「メタルボンド」は、
人工歯の表面にセラミックを採用した金属の人工歯です。
そのため、やや色味や艶が不自然さが出てしまうのと、
耐久性がジルコニアセラミッククラウンと比べると落ちてしまいます。

 

「ハイブリッドセラミッククラウン」は、
白い人工歯の中では1番価格が安いのが特徴です。
セラミックとプラスチックを混ぜた素材なので、
柔らかく、すり減りやすいのが難点です。

 

また人工歯の素材は、
歯の位置によって、素材を選ぶ必要があります。

 

例えば奥歯の場合なら、噛む力が求められる場所なので、
強度のある素材を選ばなければいけません。

 

ですが、奥歯なら、前歯と比べ人に見られる機会がそう多くはありません。
色味や艶などはそれほど気にする必要はないでしょう。

 

ゴールドクラウンやバラジウムクラウンは、金色と銀色なので、
前歯では使えませんが、奥歯ならそれほど支障はありません。
費用を抑える場合にお勧めの素材です。
朝霞本町ファースト歯科の詳細情報はコチラ