患者の負担を少なくする工夫

患者の負担を少なくする工夫

歯科医院が大好きで、毎日のように足を運びたいという人はどれだけいるでしょうか?
多くの人はなるべくなら健康な歯を維持して、歯科医院のお世話にならない生活を望んでいることでしょう。
歯科医院ではそんな皆さんのために、なるべく患者の負担を軽減する治療を導入しています。

 

インプラントにおいてもそうした取り組みが見られるので、ぜひ注目してみてください。
インプラントは歯茎にテクスチャーという歯の根元にあたる部品を埋め込みます。

 

歯冠にあたる部品をその後に装着することになるのですが、実はその手法には大胡育2つのやり方があるのです。
1つは2回法と呼ばれる方法で、テクスチャーを埋め込んだ後に、もう1度歯茎を切開してアバットメントという部品を埋め込みます。
テクスチャーと連なるこの部品は、歯冠との連結に欠かせないのです。

 

2回法ではアバットメントとテクスチャーを連結させてから歯冠を作成することになります。
そして、歯茎に埋め込まれた2つの部品が馴染んだ頃に、歯冠を結合させるのです。
これに対して、1回法というインプラント手術ではアバットメントとテクスチャーが最初からくっついたインプラントを利用するのです。

 

2回法では切開を2回行っていましたが、1回法ではその名の通り切開を1度しか行いません。
その分患者の負担も少なくありますし、通院の機会も減るというわけです。
アバットメントとテクスチャーが最初から連結されているので、比較的強度も高いといわれています。
インプラント手術における負担を少しでも減らしたいという人は、1回法の手術を導入している歯科医院を訪れてみましょう。

 

 

関連ページ

歯が少ない人のためのインプラント
歯が少ない人のためのインプラント
インプラントを長持ちさせるには
インプラントを長持ちさせるには
かかりつけの歯科医とインプラント
かかりつけの歯科医とインプラント
オールオンについて
オールオンについて
インプラントを長持ちさせるケア
インプラントを長持ちさせるケア
上顎の骨を補う手術
上顎の骨を補う手術