v

入れ歯の特徴を見極める

皆さんは自分が義歯を必要とする場面を想定したことはありますか?
階段で転んだり、突然の交通事故に巻き込まれたりと、一寸先は闇の人生において絶対に歯を失わないと豪語するのは難しいといえます。
そのため、入れ歯やインプラントなどの義歯について詳しく知っておくことは、将来の不測の事態に備えることにもなるのです。
 

 

インプラントは歯の根元にあたる人工的な部品を歯茎や歯槽骨に埋め込むという手術を必要とします。
一方で入れ歯やブリッジはそういった手術を経ることなく歯に嵌め込むタイプの義歯です。
入れ歯には様々な種類がありますが、いわゆる部分入れ歯と呼ばれる入れ歯は金属のパーツを他の歯に引っかけることで固定しています。
咀嚼という行動は顎の骨や歯に大きな力がかかるのはご存知の通りです。

 

手や足よりも強大な力を生み出す分、歯には相応の負荷がかけられます。
金属のパーツで他の歯に支えられている入れ歯は、噛む際の負荷も分散しており、それが他の歯に少しずつダメージを与えているのです。
それに対してインプラントは一本の義歯が独立して歯槽骨や歯茎に埋まっていますから、本物の歯と遜色ない噛み心地と、他の歯にかかる負担の少なさが魅力です。

 

ただし、入れ歯にもメリットは存在します。
それは保険が効く点やメンテナンスをしやすいという点です。
原則自由診療のインプラントと比較すると、保険適用の入れ歯の治療費は格段に安い傾向にあります。

 

入れ歯は口から外し、自分の手でお手入れをすることが出来ます。
ブリッジやインプラントは歯科医師でないと外せないのが普通です。
お手入れさえ怠らなければ、お口の健康を守ることも難しくありません。
それぞれの特徴を意識したうえで、歯を失ったときはインプラントや入れ歯などの義歯を選択しましょう。