インプラントを長持ちさせるケア

インプラントを長持ちさせるケア

インプラントは通常の入れ歯やブリッジよりも劣化が少なく、長持ちしやすい義歯といわれています。
その理由としては、チタンなどの人体と親和性の高い金属を用いることや、自由診療のおかげで劣化しにくい素材を使うことが多いということが考えられます。
とはいえ、人が作り出したものである以上絶対に壊れないということはありません。
そこで今回は、インプラントを長持ちさせるために私たちが出来ることについて詳しく見ていきましょう。

 

歯科医師を選ぶ段階が、インプラントの寿命を左右することもあります。
どういうことかというと、インプラントのアフターフォローが充実している歯科医院の方が、将来的なインプラントの寿命は長くなりやすいからです。
インプラント治療を受ける際には歯科医院を比較しながら自分に合った医院を探すのが一般的ですが、その基準の中にアフターフォローも加えておいてください。
 

 

定期的な検診はもちろんですが、その中身も重要です。
お口の中をざっと調べておしまいという歯科医院では、インンプラントを長持ちさせるのは困難です。

 

インプラントの歯冠部分を外して汚れを落とす、インプラントだけでなくお口全体のクリーニングをしてくれる、さらには噛み合わせのチェックやブラッシング指導など将来的なお口の健康に関わる包括的な検診がインプラントのメンテナンスには大きな意味を持ちます。
こうした歯科医師の努力だけで全てを補おうというのは虫が良い話です。
皆さん自身もインプラントが傷まないように注意しましょう。

 

歯磨きでプラークを除去するだけでなく、洗浄液などで日頃から口内の細菌を増やさないように気を付けてください。
インプラントは小さな習慣を積み重ねることで、着実に寿命を延ばすことが可能なのです。

関連ページ

歯が少ない人のためのインプラント
歯が少ない人のためのインプラント
患者の負担を少なくする工夫
患者の負担を少なくする工夫
インプラントを長持ちさせるには
インプラントを長持ちさせるには
かかりつけの歯科医とインプラント
かかりつけの歯科医とインプラント
オールオンについて
オールオンについて
上顎の骨を補う手術
上顎の骨を補う手術